グングン高まる貸事務所への需要を知ろう|オフィスの常識が一変

婦人

業容の拡大への対応

会社

計画的な計画が必要

企業は業容が拡大による人員増によってオフィスが手狭になるため、オフィス移転が必要になります。オフィス移転にはコストが掛かりますので、十分な事前の計画が重要です。企業の規模によってオフィス移転のコストは大きく異なるため、規模に応じてオフィス効率を高める必要があります。人間は水平に移動する方が垂直に移動するよりも肉体的にも精神的にも好ましいので、出来るだけワンフロアーに集約する必要があります。規模の大きい企業でも業務に関連のある部門や部署は同じフロアーや近接するフロアーに集めることで業務効率の向上を図ることが出来ます。オフィスレイアウトについてはオフィス移転計画において最も重要視する項目になります。

既存の配置を参考にする

一般的にオフィス移転は業容の拡大等によって行うことが多いので、移転先の面積が増加するのが一般的です。コストを意識しすぎて、ぎりぎりの計画で移転を行うと、すぐに手狭になるケースが多いので、少し余裕を持って計画を行うことが必要です。大規模な引越しに際しては入居のレイアウトを参考にして、上層階に入居する部門、部署から行うことがコスト面でメリットがあります。引っ越しの際には建物の内装を傷つけるのを避けるために養生をすることになりますので、入居が終了する過程で養生を取り払う必要がありますので、上層階からその仕事が効率よく出来ることになります。コストを掛けても仕事の効率が向上して、従業員の生産性が上がるように計画することが大事です。